弓道考察モノローグ

合い言葉は肩甲骨

6つある肘の型についての考察

閉鎖を宣言しましたがずっと公開するか悩んでいた記事をせっかくなので公開しようと思い追加で公開しました。

 

また、2019/3/21に4種類と記述していた肘を6種類に修正いたしました。申し訳ありません。

 

内容は以前公開していた記事をベースに修正を加えて改訂したものとなっています。

 

今回の記事は医療の知識などほぼ皆無の素人が書いておりますので鵜呑みにはしないようお願いいたします。

あくまで物理的な構造の考察をお楽しみいただければ本望です。

 

弓道をはじめてからずっと疑問に思っていたことに、人によって会の形が違うのはなぜかと言うのがありました。

特にⅠ部校にはWの様に肘が若干肩線よりも一度下がる形状の人が多い気がして不思議でした。

もちろん思い過ごしかもしれませんが。

そうして人の肘を観察するうちに肘には大きく分けて4タイプあるということに気が付きました。

 

f:id:timefliesblues:20190321100532j:image

 

まずいわゆる "猿腕" と呼ばれる "可動範囲が180度以上ある肘" です。

これでまず二種類ですね。

度合いにもよりますが、肘の可動範囲が180度で止まるひとと割合は半々くらいでいるのでしょうか?

 

 

そして肘にはもう一つバリエーションがあります。

それは肘を展開したときに下図の赤いラインで示したように正面から見ると上腕骨の延長上に拳がない骨格です。

便宜的に「角腕(かどうで)」とでも言いましょうか。

 

−−−−−−−

調べ方がわからず適当に「角腕」などと言いましたが外反肘というらしいです。

また、その逆の内反肘もあるらしいです。

−−−−−−−

 

f:id:timefliesblues:20190321095122j:image

 

これは生まれつきの関節の付き方で変化すると思います。

 

この外反といわゆる猿腕との組み合わせでざっと4タイプに大別できると思います。

 

ただ内反の場合もありますので理論上は6タイプ存在しますが、私の経験上では内反肘の方は見たことがありません、、、

 

ちなみに私はほんの若干猿腕気味の内反も外反もない直線のタイプです。

 

もし人の射を参考にすることがあったり、人に教えることがあるとしたらこの肘の違いを考慮したほうが射手にとって良い射というものを見つけやすいかもしれないですね。

 

ちなみに猿腕ではなく、外反肘である射手こそが会でWの形に見える秘訣なのではないかと思っていました。

 

以上です。

 

−−−−−−−

おまけ : いわゆる猿腕において可動範囲の違いが生まれる要因の考察
 

 まずなぜ腕の可動範囲が人により異なるのかを人体骨格のイラストで考えてみましょう。

まずは左手腕を正面から見たときを例にします。

 

f:id:timefliesblues:20190321092337j:image

 

肩から手首にかけて上腕骨、尺骨、橈骨(とうこつ)の3つの骨で構成されていることがわかります。

 

f:id:timefliesblues:20190321092527j:image

 

橈骨と尺骨は三角形を引き伸ばした形をしており、片方が蝶番のようになり片方は軸受のようになることで腕の捻りなどの立体的な動きを可能にしていることがわかります。

 

f:id:timefliesblues:20190321092507j:image

 

ここで肘と呼んでいる箇所がどこに相当するかと言うと、尺骨の端(蝶番側)が肘の角であることがわかります。

 

この部分を肘頭(ちゅうとう)と呼び、この肘頭がはまる上腕骨のくぼみを肘頭窩(ちゅうとうか)と呼びます。

 

可動範囲は腕を伸ばしきったときの上腕骨と尺骨の成す角度で決まります。

 

f:id:timefliesblues:20190321092625j:image

 

※紫のラインが肘頭窩は深い場合、オレンジのラインは肘頭が短い場合を示す

180度以上の角度で可動する骨格とはこの肘頭の長さと肘頭窩の深さに起因すると考えています。

 

そしてひとつ言えるのは可動範囲が広いのは病気ではないということです。

人によって背が高かったり、低かったりそういった程度の違いだと私は考えています。

 

こういった個性を活かしてこそその人にとってのいい射が生まれるのではないでしょうか。