弓道考察モノローグ

合い言葉は肩甲骨

カケとアーチェリーパラドックスと離れ

本日のブログの内容は弓道は親指にかけた弦がどのように離れればより合理的に矢を飛ばせるかという内容です。

 

まず一つ問です。

アーチェリーは人差し指・中指・薬指で右から弦をかけて引くのに対して、なぜ弓道は親指で左から弦をかけて引くのでしょうか。

 

答えはアーチェリーパラドックスと関係があります。

特に弓道は矢を弓の右側につがえるため、親指を使って離れる際に弦を上座の方向へ飛び出すようにしなければ矢が弓に衝突してまともに飛ばないのです。

 

まずはこちらのアーチェリーパラドックスについての記事をご覧ください。

基本の"き"、アーチェリーパラドックス - 弓道考察モノローグ

 

以上の記事をふまえて先程の問の答えをまとめると、離れる際に弓と弦で矢を押し潰すような形にしなくてはアーチェリーパラドックスが発生しないため、弓道は親指で弦をかけて引くのが合理的だと言うのが答えです。

 

なのでもし素手で和弓を引く場合は逆手にして人差し指・中指・薬指で左から弦に指をかけて上座の方面に弦が飛び出すように引くと最も自然に矢が飛びます。

 

今回はその飛び出し具合とカケについての考察です。

 

f:id:timefliesblues:20180310165000j:image

 

そもそもこの飛び出し具合で何が変わるのかですが、上の図のように赤いラインで大回りで飛び出すと矢が前方向に押し出されて的の右側あたりにまとまる印象があります。

前に飛び出す要因は弓手で意図的に弓を強くねじることによる過剰な弓返り、もしくは馬手の親指を握り込むことによるものだと考えられ、今回は馬手を握り込んだ場合の考察を行います。

 

f:id:timefliesblues:20180310185348j:image

カケはもともと腰と呼ばれる牛革によって強いバネのようなものが仕込まれており緑の楕円で示した部分が離れのときに親指の爪方向へ跳ね上がるように作られていると思われます。

このこととアーチェリーパラドックスを考慮すると離れの際は下のイラストのように親指の帽子が動くと考えられます。

 

f:id:timefliesblues:20180310185627j:image

会のときに帽子の内側の面が矢と水平になるのが最もブレがなく合理的に矢が真っ直ぐに飛ぶと思われます。

 

f:id:timefliesblues:20180310191851j:image

※赤いラインが帽子の内側の面

 

実際に発が出る際は弦は前方(上座の方向)に飛び出す必要がありますが、その飛び出しが最小になるように帽子を的方向に向けて同じ動きをすることで再現性を増すことが可能になると思われます。

 

 

f:id:timefliesblues:20180310192228j:image

おそらく半数近くの人が上のイラストのように親指をやや握りこみ、離れるまでこの状態であるために過剰に弦が前方へと飛び出してそれが矢所の発散に繋がっていると私は考えています。

こうなる原因は親指の付け根から反らせるイメージが薄いことと、中指をかける位置が深いことが原因と考えられます。

 

右手を今取りかけるイメージで前に出し、取懸けを行ってみてください。

このとき、中指を親指にのせる際に親指が中指の下に潜り込ませるように曲げる動きをすると思います。これが原因ではないでしょうか。

親指が迎えに行かず、親指をそらしたまま中指が親指の上に自ずから行くような取懸けができるときれいに離れが出るような馬手になるのではないでしょうか。

 

f:id:timefliesblues:20180310200542j:image

↑帽子が的方向を向いていないため弦が膨らんで出る。

↓帽子が的方向を向いていれば膨らみが小さく矢所が発散しにくい。

f:id:timefliesblues:20180310200556j:image

 

ほぼ我流の粋に入ってきましたが、弓道を楽しむ上でなにか参考になれば幸いです。

 

関連: 懸口十文字と弽の挿し方から取懸けについて - 弓道考察モノローグ