弓道考察モノローグ

合い言葉は肩甲骨

上押しとはなにか、手の内の調整について

今回は手の内をテーマに考察をしたいと思います。

また、テーマ的にかなり推論や持論が多く含まれておりますのでご参考程度に愉しんでいただけたら本望です。

 

まずは ”上押し” についてです。

よくどこへ行っても”上押しが弱い”、”上押しをかけすぎだ”といった言葉を聞きますがそもそも上押しとは何でしょうか。

弓道読本という本によれば「上押しとは親指と人差し指のまたで弓の内竹を強く推すと同時に、弓に巻いている小指を強く引く。」とあります。

すなわち、上を押して下を引くために上押しとしての効果が表れ弓は斜めに寝たような残心の形になります。

そのために昔は離れたあと本弭が膝頭に向いていなければ良しとしなかったそうです。

 

しかしこれは ”むかしの” 弓道だと私は考えます。

 

それではこの上押しはそもそも何のための技術だったのでしょうか。

 

f:id:timefliesblues:20180202004159j:plain

引用【KJCLUB - 日本の弓の威力

 

こちらの写真をご存知でしょうか。

こちらは正方流の吉田能安先生と兜射貫きで貫いた兜の写真です。

こういった兜や甲冑など堅いものを射貫くときに上押しの技術がかかわってくると私は考えます。

 

弓矢で何か堅い物体を射貫くことを特に「堅物射(かたものい)」といいます。

昔は甲冑や兜を至近距離から射貫くためにこういった技術もあったようですが、現代の弓道とは全く目的が異なります。

そもそも、目標までの距離は15から20メートルほどで征矢(そや)などの鉄矢じりのついた矢を用いて何かを貫くために行われていました。

重みのある矢にスピードをつけ貫徹力を増すために行われていた技術が上押しであったというのが私の考察です。

弓道をされている方なら経験則でもお分かりの通りギュッと小指を絞り、角見を押せば矢に勢いが乗るように昔の人はそのことを理解していたようです。

しかし、それを現代の弓道に持ってくるのはお門違いです。

フルマラソン短距離走ほど別なものだと考えて割り切ったほうが良いのではないかと思います。

 

現代弓道ではその目的はほぼ的中精度であって、もしも的中精度を上げるとすればやはり中押しで射を運び、弓が傾き寝るような残身ではなく常に垂直を保つような引き方が物理的に理想だと思われます。

 

関連した私の記事:

押し方による矢飛びの軌道論 - 弓道考察モノローグ 

 

では押し方はどのようにすれば変化するのでしょうか。

 

f:id:timefliesblues:20180202042157j:image

 

いわゆ天紋筋というのがイラストの上の2と下の2を結んだ補助線で形成されています。

(当てはまる手相がない方は指の第三関節を結んだ線)

もし、この線をきちんと内竹側から見て外竹の左の角にピッタリ当てて手の内を整えて小指を引いたり親指を押し込まなければ下のイラストのような力のバランスとなると思われます 。

 

f:id:timefliesblues:20180202063441j:image

※振動の節を結んだ線がこの青線となるため、弓であった場合はもう少し的方向に傾いた様に見えます。

 

では逆に上押しをかけるにはどうすればよいか。

そのためには天紋線に同じ様に弓をあてて手の内を整えて、大三以降で下の2にあたる部分の小指付け根を引けば意図的に上押しがかけられると思います。

 

f:id:timefliesblues:20180202042615j:image

 

しかし、中には上押しをかけようとしているわけではないのに結果的にかかってしまい残心で弓が前に倒れるようになってしまう人もいると思います。

そういう方は下を引くのではなく上が過剰に押されている場合が多いと思われます。

 

f:id:timefliesblues:20180202042813j:image

※赤丸の部分の空間の余裕がほぼ無く、弓を押し込んでいる。

 

特に的前に上がって1,2年の方は上手く虎口の力を緩めることが出来ず、若干の恐怖心や無意識の防衛本能からギュッと皮を巻き込むためにこの状態になっているように思います。

 

f:id:timefliesblues:20180202042157j:image

 

中でもよくあるのは上を1辺りに合わせて下だけ2の天紋筋に合わせているという状態です。

上が2の場合と異なり、弓と虎口の間の空間に余裕がなくぎっちりと皮を巻き込みながら力を過剰に加わえ弓の上部を的方向に押し倒すような働きが発生します。

もし中押しに変えるとすれば、上の弓を当てる位置を指の先の方へと数mmずつずらして手の内の練習をすると変化があると思われます。

 

f:id:timefliesblues:20180202043341j:image

 

手の内は弓を当てる初期の位置で結果が大きく変化するものであるため、これを研究することは射法八節を研究するのと同じくらい重要なことではないでしょうか。

私の周りだけかもしれませんが道具や身体の使い方をかなり研究している方でも手の内についてはとりあえず現状維持と言う方が多かったり、特に自分がどうやって作っているかなど定義が曖昧な場合が多いように思われます。

どんなときでも同じ様に手の内を整えられるというのは弓道をやる上でとても大切なスキルではないでしょうか。