弓道考察モノローグ

合い言葉は肩甲骨

欲しいものリスト

普段からブログを読んでくださりありがとうございます。

思いつきでリストを作っていったら楽しくなってしまいました。

 

https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/28GW2W0Y0EXVT?ref_=wl_share

 

なにか頂いたものはブログのネタか後輩の支援などに使おうと思います。

「弓道読本」を読む(2)

生理より見た射形の実態(p.22-p.27)

正整した骨格と均等に開いた上肢の静的均衡をもって基調根本体形とする

これはつまり,弓を持たない自然体の状態で背骨を真っ直ぐ伸ばして,両腕を均等に左右に開いて両肩(肩甲骨)を背面下方に引き締めた,弓力も受けていない骨格こそが自然体であり,これを基本とするということだ.
筋骨の運動は随意運動によって動かすことができるので,ベースとしてこの均衡バランスが取れた状態をできるようになることが重要だと述べている.

二本の線(p.27-p.30)

弓射は縦の線一本と横の線一本の二本の線の伸長でしかない

前の章で述べた均衡の取れた基本姿勢とはつまり縦横十文字の規矩であるということを述べている.
特に横の線は昔の射法のように馬手と弓手のバランスが異るものではなく,左右の筋骨が整い一本に伸長する自然体の射法であるべきだということを強調している. これと縦に伸びる脊柱の線が交わることが縦横十文字の規矩であり,この二本の線の完成に集約されなければならないと述べている.

自然体と十文字の伸び(p.30-p.33)

弓射には的という目標がある以上,射形の美ばかりでは意味がない

縦横十文字の規矩だけでは十分とは言えず,それに加えて自然体で正しく天地左右に伸合った結果として着いているところに飛んでくれると述べている. .
この伸合いを得るためには,体全体の自由を生かされるような取り懸け方と手の内(著者が考案した鉤の手の内など)が重要であると強調している.
この章から具体的に縦線の伸ばし方と体の横の線の使い方について示しているが,これ以上はこの書籍の本質的な内容になるため実際に書籍を購入するか,図書館などで借りて読んでいただくようにお願いいたします.

ここまでのまとめ

著者が伝えたいことは体に歪みのない状態で縦横に伸び合うことこそが自然体の射法であり,現代弓道で目指すべきものだと私は感じた.
かなり内容を端折っているが実際にはレントゲン写真などを交えてとても詳しく自然体の射法について解説している.
また,現代の全日本弓道連盟弓道教本に準拠しており,教本からたどり着くであろう具体的な一般解の一つを提示していると個人的に感じた.

一章からここまで読んでみて研究の内容は全て弓道教本に忠実であり,文量は多いがとても詳細に説明されているのでとても参考になると思います.

「弓道読本」を読む(1)

一応ページ番号などと対応が取れると良い場面もあるかと思うので記しておくと,中央公論新社出版の2012年再版発行(初版2006年)のものを私は読みました.
あらかじめ断っておくと,弓道読本は正面打起こしに重きをおいた内容となっています.

序文(p.1-p.2)

序文は「詳説弓道」の著者でもある小笠原清信氏によるものである.

近年従来の弓術に基づいたものではなく,体育学に基づいた弓道を見直す時代がきている

近代の弓道では「自然の流れに置ける動きの美」というものを科学的に追求するのが大切であり,弓道読本は著者である唐沢氏が長年取り組んできた研究がまとめられている.
そして,この内容は将来の弓道に多大な示唆を与えるものとして功績が極めて大きいと評している.

そのため新しい時代に生きる弓道家に一読を薦めたい

という言葉で弓道読本の序文を締めくくっている.

まえがき(p.3-p.5)

前書きでは唐沢氏の来歴とこの本が何を目指すのかということを書いている.
著者は日置流印西派に入門していたが,その後弓道を修行する者は流派を問わず小笠原流を学んでおくべきだという考えから小笠原流でも弓道を行い重藤弓の免許を受けたということを述べている.
このことは後に手の内に関する記述で関わってくるが,斜面打起こしからもインスピレーションを受けながら正面打起こしで成果をあげる手の内の整え方を提案している.

"自然体"の射法こそが現代のあるべき正しい射法である

印西派における射法というもの左肩を下げて,馬手肩をあげて固める形であり,結果として生まれる小離れの射法が良しとされるという.
しかし,このように流派による射法ではなく近代では体育としての弓道が求められている.
著者は弓射に作用する人体の生理的作用に適した射形というものを研究した結果,人間に本来自然に備わっている人体の働き,生理的,心理的作用を基礎とした射法をまとめることができたということである.
これこそが自然体の射法であり,その研究成果が大方の参考となれば良いということで締めくくっている.

あるべき現代の弓道(p.12-p.13)

すべて飛び道具の主たる目的は,目標に射当てることにあるのは今も昔も変わっていない

今も昔も的中を生み出すのが弓道であるが,単に弓を引いて的に当てれば良いというわけではないことを著者は強調している.
そして現代の弓道において基本であるのは"縦横十文字の規矩"であるということを研究の結果から明らかになったと述べている.
もちろん全日本弓道連盟弓道教本からもこのことはもっとも重視すべきことだと解釈できる.

自然の流れにおける動きの美,これを生み出すのが"自然体"の射法なのである

しかし縦横十文字が形成されるためには筋骨と気息の働きなど,形の美しさだけでなく内容が伴わなければ生まれないという.
これらが自然のうちに行われることが美しいのであって,これこそが弓道における美であり,その美を生み出すのが自然体の射法であるという言葉で締めくくっている.

昔の射法(p.14-p.22)

弓道は常に進化してやまないものでなくてはならない

これは弓道教本からの引用であるが,この本の中でも引用されている.
著者が学んでいた日置流印西派も元は日置流という一本の親木から分岐したものであり,常に変化を続けてきた結果様々な流派が生まれたということを言っている.

射の眼目は,自然の理を動作の上に表現することである.故に自然を無視しては射は成り立たない

現代における弓道の目的は学生にとって体育的となり,精神的愉悦に浸ることのできる---高い指標を持つものであるということだ.
そのため昔の射法と現代の射法で目的が全く異なると強調している.
弓道読本で重要なのはあくまでも現代弓道における自然体を習得するためにはどうするべきかということだ.

ここまでのまとめ

ここまで私の解釈で重要部分をまとめたつもりだが,要は自然体の射法を会得することが現代弓道における目的であるということが重要だと感じた.
私のブログで書いている内容はこの弓道読本における自然体の射法から始まっており,それに加えて弓矢がどのように動作するべきかということを組み合わせることで,より的中精度を高めるための考察を展開しているつもりである.

ここまではほとんどオリエンテーリングなので本質的な内容を扱っていないが,これからこの自然体の射法について掘り下げられていくことになる.
図書館やスポーツセンターの書籍に弓道読本がある方はぜひ一読をお勧めします.

「弓道読本」を読む

新しくブログの連載のような形で書籍の弓道読本/唐沢光太郎(著)をざっくり解釈しながら読み進んでいくと言うものをやろうと思います。

 

弓道の参考書籍として個人的に弓道読本をあげているのですが、人に薦めてもなかなかの文量と解釈の仕方がやや難しいのか敬遠されてしまう節があります。

 

そこでこの弓道読本の内容をざっくりと自分なりに解釈しながら要約するようなブログを書いてみようと思います。

 

またあえて弓道読本を選んだのにはいくつか理由があります。

 

一つはもちろん内容的に弓道が体系的にまとめられていて、人生において確実な弓道の基礎を作るためにこの本が十二分に役に立つと思うことです。

 

もう一つは世の中の弓道書籍において著者の考えや私見が詰め込まれた書籍が消えていっているという危機感からです。

これまで読んできた書籍はたくさんありますが、例えば

・みんなの弓道

弓道講座

・詳説弓道

弓道指導の理論と実際

・弓執るこころ

・正法流 弓の道

・続 弓道三昧(弓道三昧は未読)

その他、初学者用書籍や雑学書など。

宮城県の後藤弓具店でしか買えない個人出版の本も買いに行き、改訂版も読みました。

 

そんな中でここ10年間くらいの間に初学者用の書籍以外の本がどんどん絶版になっていっています。

 

ひとえに売れないから、が理由だと思うのですがそれで先人の知見が失われていいのかと言う危機感が私にはあります。

 

いろいろな本を読んでみて思ったのは、まず犠牲になるのは詳しく文章で書いてあるものです。

文量が多く解釈が難しければ、敬遠され写真や図解の多いものが選ばれるのはうなずけます。

 

次に著者の私見が多く含まれているものです。

私個人としてはあの値段の本の中に存分に知識とコツが書かれているのに絶版になってしまうのは本当に惜しいような気がします。

しかし、やはり参考書籍としてはどうとでも取れるような抽象的な表現で書かれたものが残っている印象です。

 

このことが実感できたのはみんなの弓道が絶版になり、著者の私見が大半削られてイラストを大量に増やし、文量を極限まで削った書籍が新訂版としてでたことです。

技を極める弓道という書籍です。

 

もちろんそれが参考にならないというわけではありませんが、リッチな情報を削っているので結局どうすればどんな射になるのかと言うのはわからないし、他の書籍と書いてあることが変わらずなにも面白くありません。

 

このブログを始めたきっかけも誰でもいいから詳しく深い考察をする他人の知識を参考に見てみたい、ならば自分からやろうと思い始めたものです。

今回の記事は貴重な参考書が失われていくこの現状への一つの抗議活動として今回の連載をしようと思います。

 

またこれは普段の弓道活動にも言えることですが、読み手や指導を受けるもののキャパシティを勝手に判断してレベルを落とした(?)抽象度の高い指導をするというのは相手に失礼だと言う思いがあります。

これは自分のブログがと言う話ではなく、出版社の判断や一般的に誰かが誰かを見ると言うときにも当てはまることです。

 

わからなければ聞けばいいし、それで答えられないほどの安直な指導や知識など情報として破綻しています。

その会話から発展して弓道に関する考えがお互いに昇華する過程に私は弓道をやっている楽しさや意味を感じます。

 

もし仮にそのときに伝わらないことがあっても、わからない知識や曖昧なことがあればきっと教わる側は自分で調べ、考え新たな何かを発見するはずです。

教える側もまた、もっと噛み砕いて考えて教え方を模索し、その先に真の理解があるのではないでしょうか。

 

そのためこのブログでも解釈をしながら要約しているはずでも多少文量が多くなってしまうかもしれませんが、ご了承ください。

 

私のブログでなにか曖昧なことがあり、議論を深めたいと思われる方がいらっしゃればどうぞお気軽にコメントなどよろしくお願いします。

 

それではいざ弓道読本の世界へ。

 

 

回内・回外の違いを肩甲骨に着目した考察

こんにちは。

ブログの閉鎖宣言から8ヶ月くらいが経ちました。

実際その間も更新はしていましたが、、、

 

こちらの勝手な都合ですが、閉鎖を宣言した理由としては主にネタが切れたからと言うのと大学を卒業して引退したからでした

 

しかしなんだかんだ弓道を継続できていることと、ブログへのアクセスが安定して一定数あること、まだまだ考えられる弓道のことがあると思ったので不定期でブログを新規掲載していこうかと思います。

またよろしくお願いいたします。

 

−−−−−−−−−−−−−−−

 

 

このブログで1番アクセスされている記事がこの記事です。

 

回内・回外の違いとは? - 弓道考察モノローグ

 

この記事では腕の回内・回外運動が人によって異なると言うことを書きました。

 

今回の記事では、もっと具体的にどこでその引き方が変化するのかと言う考察を書いていこうと思います。

 

また今回の記事では肩甲骨や鎖骨と言った骨の動きを主に説明するので、よろしければ以下の以前書いた記事をまずは参照してください。

 

「肩」とは何処のことか? - 弓道考察モノローグ

 

 

まず結論から述べると肘が内転型になるかどうかは弓構えで決定すると言うのが結論です。

 

弓構えの時に肘を落としていると、大三で肘は外転位を取ることが可能です。

一方で両肘を張り上げるとおおよその人が、肘の内転運動に伴って肩甲骨を内旋させてしまいます。

 

・弓構え


f:id:timefliesblues:20190917090427j:image

f:id:timefliesblues:20190917090423j:image

※左が肘を張らずに落とした状態、右が肘を張って円相(?)を意識(?)した状態。(曖昧な書き方ですみません。)

 

打起し


f:id:timefliesblues:20190917090601j:image

f:id:timefliesblues:20190917090556j:image

※左が肘を張らずに落とした状態からの打起し、右が肘を張った状態からの打起し

 

トレース線を消しても喉のあたりが良く見えており、2つの状態は違うものであるとわかると思います。

 


f:id:timefliesblues:20190917014001j:image

f:id:timefliesblues:20190917014004j:image

 

ここでの違いとは肩甲骨と上腕骨の連続性が関係していると私は考察しています。


f:id:timefliesblues:20190917013806j:image

f:id:timefliesblues:20190917013809j:image

※青い斜線のあたりに空間があるかどうかに着目すると違いがわかる。

 


f:id:timefliesblues:20190917091101j:image

f:id:timefliesblues:20190917091105j:image

※左が肩甲骨を張らずに落とした状態から打起した肩甲骨と上腕骨の位置関係、右が肘を張った状態から打起した位置関係です。

 

肘を張り上げると言うことは先程も述べたように肘を内転させることと同じです。

 

そうすると、肩甲骨と上腕骨は鎖骨とただ一点でつながっているためバタフライのような動作をすることになるため一直線に並びます。

 

一方で肘を落とすというのは肘を外転させる動きになり、上腕骨と肩甲骨の緊張がほぐれて肩甲骨はリラックスして下に下げる動きが出来るようになります。

こちらは肘を張るものと対象的に空間を腕全体で下からすくい上げる平泳ぎのような動作になります。

こちらは肩甲骨と上腕骨を同時に動かさないので、慣れてくると肩甲骨と上腕骨を別々に動かすことが出来るようになると言うのが私の考えです。

 

もう一度肩甲骨に着目して打起しの動作を見てみましょう。


f:id:timefliesblues:20190917092856j:image

f:id:timefliesblues:20190917092852j:image

※左が肘を張らずに落とした状態からの打起し、右が肘を張った状態からの打起し

 

線が少し混んできましたが、肩甲骨が弓構えからどの様に動かせるかと言うのがポイントだと考えられます。

肘を落として引いた場合は肩甲骨が肋骨の周辺を沿うように動き、肘を張った場合は肩甲骨は肋骨に覆いかぶさって越えるような動きをします。

 

ここまでが、私の考える肘の挙動の考察です。

肘を落として引いた場合は、このまま肩甲骨が後ろに戻らないように引けると会のときに肘が外転位に近い状態になると考えられます。

 

一方で肘を張って弓構えをした状態から始めると、会のときには肘が内転した状態になると考えられます。

 

どちらの引き方がいいと言うことではないですが、おそらくこれが動作の違いの根本的な理由ではないでしょうか。

 

個人的な見解としては、肘を張るの引き方は武射系に多くて、肘を落とすのは礼射など比較的新しい引き方という印象です。

 

私自身は三年間肘を張って引いて、骨折してから肘を張らない引き方に転向しました。

 

閲覧ありがとうございました。

 

6つある肘の型についての考察

閉鎖を宣言しましたがずっと公開するか悩んでいた記事をせっかくなので公開しようと思い追加で公開しました。

 

また、2019/3/21に4種類と記述していた肘を6種類に修正いたしました。申し訳ありません。

 

内容は以前公開していた記事をベースに修正を加えて改訂したものとなっています。

 

今回の記事は医療の知識などほぼ皆無の素人が書いておりますので鵜呑みにはしないようお願いいたします。

あくまで物理的な構造の考察をお楽しみいただければ本望です。

 

弓道をはじめてからずっと疑問に思っていたことに、人によって会の形が違うのはなぜかと言うのがありました。

特にⅠ部校にはWの様に肘が若干肩線よりも一度下がる形状の人が多い気がして不思議でした。

もちろん思い過ごしかもしれませんが。

そうして人の肘を観察するうちに肘には大きく分けて4タイプあるということに気が付きました。

 

f:id:timefliesblues:20190321100532j:image

 

まずいわゆる "猿腕" と呼ばれる "可動範囲が180度以上ある肘" です。

これでまず二種類ですね。

度合いにもよりますが、肘の可動範囲が180度で止まるひとと割合は半々くらいでいるのでしょうか?

 

 

そして肘にはもう一つバリエーションがあります。

それは肘を展開したときに下図の赤いラインで示したように正面から見ると上腕骨の延長上に拳がない骨格です。

便宜的に「角腕(かどうで)」とでも言いましょうか。

 

−−−−−−−

調べ方がわからず適当に「角腕」などと言いましたが外反肘というらしいです。

また、その逆の内反肘もあるらしいです。

−−−−−−−

 

f:id:timefliesblues:20190321095122j:image

 

これは生まれつきの関節の付き方で変化すると思います。

 

この外反といわゆる猿腕との組み合わせでざっと4タイプに大別できると思います。

 

ただ内反の場合もありますので理論上は6タイプ存在しますが、私の経験上では内反肘の方は見たことがありません、、、

 

ちなみに私はほんの若干猿腕気味の内反も外反もない直線のタイプです。

 

もし人の射を参考にすることがあったり、人に教えることがあるとしたらこの肘の違いを考慮したほうが射手にとって良い射というものを見つけやすいかもしれないですね。

 

ちなみに猿腕ではなく、外反肘である射手こそが会でWの形に見える秘訣なのではないかと思っていました。

 

以上です。

 

−−−−−−−

おまけ : いわゆる猿腕において可動範囲の違いが生まれる要因の考察
 

 まずなぜ腕の可動範囲が人により異なるのかを人体骨格のイラストで考えてみましょう。

まずは左手腕を正面から見たときを例にします。

 

f:id:timefliesblues:20190321092337j:image

 

肩から手首にかけて上腕骨、尺骨、橈骨(とうこつ)の3つの骨で構成されていることがわかります。

 

f:id:timefliesblues:20190321092527j:image

 

橈骨と尺骨は三角形を引き伸ばした形をしており、片方が蝶番のようになり片方は軸受のようになることで腕の捻りなどの立体的な動きを可能にしていることがわかります。

 

f:id:timefliesblues:20190321092507j:image

 

ここで肘と呼んでいる箇所がどこに相当するかと言うと、尺骨の端(蝶番側)が肘の角であることがわかります。

 

この部分を肘頭(ちゅうとう)と呼び、この肘頭がはまる上腕骨のくぼみを肘頭窩(ちゅうとうか)と呼びます。

 

可動範囲は腕を伸ばしきったときの上腕骨と尺骨の成す角度で決まります。

 

f:id:timefliesblues:20190321092625j:image

 

※紫のラインが肘頭窩は深い場合、オレンジのラインは肘頭が短い場合を示す

180度以上の角度で可動する骨格とはこの肘頭の長さと肘頭窩の深さに起因すると考えています。

 

そしてひとつ言えるのは可動範囲が広いのは病気ではないということです。

人によって背が高かったり、低かったりそういった程度の違いだと私は考えています。

 

こういった個性を活かしてこそその人にとってのいい射が生まれるのではないでしょうか。

質問箱への回答②

f:id:timefliesblues:20190308101140j:image

 

回答:

とても考えさせられる質問ですね!

簡潔に述べるなら見ていて違和感のない射をする人でしょうか。

具体的に言うならばもう引退された桜美林大学の大矢さんが一番好きです。見ていてほんとに美しい弓を引くと思います。

美しい射とは無駄な力がなく、縦横全ての方向が揃った左右が対称の射と言うことです。

また身体の力だけでなくて、離れる瞬間の弓の挙動やゆがけの使い方などにも気遣いが感じられて、あとにも先にもここまで美しい射は見たことがないです。

 


もう少し抽象的に答えるならば、引き方は正面打起しのほうが好きです。

斜面はまっすぐ押せますが縦の伸びが作りにくいのか、少々残心でバランスが崩れるように見えるのが苦手です。

昔はややうわ押しがかかって左右に扇の様に開くのが芸術的で綺麗だと思っていましたが、力学的な観点で見ると縦にブレがあるので的の一点に矢を当てることを考えるとそれは美しくないと思い今は左右に均等に竹の様に割れる射が好きです。

 


こんなものでしょうか。

本当は一方的に話すのではなくこういうテーマを語り合いたいです、、、

 

-----

 

質問、議論などは質問箱までどうぞ。

https://peing.net/ja/timefliesblues?event=0